【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


2013年12月28日

鎌倉 世界遺産の気勢はどこへ?



イコモス不登録からどうも気勢がそがれた感がある、鎌倉の世界遺産の再推薦。


これ、今後どうなるんでしょ。



実際「鎌倉世界遺産登録推進協議会」(会長は松尾崇市長)が発足から7年半を経た今月10日までに

事実上の解散。



理由は「武家の古都・鎌倉」というコンセプトでの推薦を取り下げたから、

役割はすでに終わった? ってことらしい。



で、再三話題になってる、再立ち上げの前提の一つ「イコモス勧告の詳細分析」も

未だ「新たなコンセプトの決定」はめどが立たないと言う状況。



協議会の総会は、鎌倉市民も迎え入れる目的で300席近い会場を確保。

が、しかし、結果は半分以上が空席というお寒い状況だったらしいですね。



実際に鎌倉市民の関心をどう広げるかが問題なのは、当初から言われてた事なんですけどねー。



しかも、イコモスが「19世紀末以来、絶えず繰り返される課題」と指摘した鎌倉の無計画な開発問題も

気が付けば、不登録勧告決定後、どうも開発寄りに傾いてるしね。



さんざん武家文化の物証不足を指摘されながらも、鎌倉幕府の政務をつかさどった政所跡地で

認可保育所の建設が検討されたり、由比ケ浜海岸近くのテニスコート跡地に、事もあろうか

ショッピングセンターの建設計画まで浮上する騒ぎ。



どちらの予定地も、利用制限区域内にあるにも拘らず、これっておかしな話ですよね。



書面上では法令に適合してるらしいけど、どうも言ってる事とやってる事に違和感感じるのは自分だけ?ですかね。



表面上は保全の大義を説きつつ、開発を容認するって矛盾してるように思うんですが・・・



地元の盛り上がりがいまひとつなことや、市長交代のたびにその方針が変わるようではねー。




ちなみに世界遺産の総数は2014年に千件を超える見込みらしいから、そもそも論で

日本が今後も世界遺産を目指す意義はあるのかってことも視野に入れるべきかも。


  
個人的には鎌倉の世界遺産登録はうれしいけど、やっぱり市民がその意義を理解して

後押しする気運が高まらないと絶対に上手くいかないですよね。



難しい問題であることは事実ですが、今後がちょっと心配ですな。






posted by ツン at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

鎌倉 世界遺産アンケートでトップ



月刊誌『歴史街道』


歴史ファンにはなじみの深い雑誌ですよね。



で、その『歴史街道』が行なったアンケート調査で、富士山の 次に「世界文化遺産」になってもらいたい国内候補はどこ?の結果、堂々の1位が「武家の古都・鎌倉」だったんですねー。


ヤフーニュースから。


意外だったのは、9月17日に政府がユネスコへの推薦を決定していて今最も注目されてるはずの「明治日本の産業革命遺産―九州・山口と関連地域」は国内全12候補中の第10位。


まあ、このアンケート締め切りの後の決定だったってこともあるとは思いますが、どうも国内での知名度がかなり左右されてると思われます。

で、結局は歴史ファンからの圧倒的な支持を集めた鎌倉がトップ!と言う結果に。



鎌倉市が再推薦に向けて再起を期してる後押しをした格好ですね。


ちなみに有効サンプル数は1,215人で、武家の古都・鎌倉には203人が投票。



鎌倉人気、強いですね。






posted by ツン at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

鎌倉 世界遺産再挑戦と開発



鎌倉由比ヶ浜にショッピングセンターの開発計画。



はあ?って感じでびっくり。




しかも予定地は鎌倉市内の景観や環境を保護する緩衝地帯。


世界文化遺産登録にふさわしくないと指摘されたイコモスの勧告で、市内の交通渋滞や都市化懸念の指摘があったのに、なぜ勧告後に駆け込みのような申請が続くのか?



この建設予定地、鎌倉市由比ガ浜のテニスコート跡地で、由緒ある「鎌倉海浜ホテル」があった場所。

しかも「埋蔵文化財包蔵地」にも指定されてる地域。


なぜここに?


計画ではスーパーマーケットやアパレルショップが入る中規模のショッピングセンターらしい。



で、ここって、由比ヶ浜海岸からもメチャ近いし、海沿いの134号線のほぼ隣接地。



まあ、間違いなく渋滞に拍車かかるでしょうね。

 
鎌倉市のまちづくり政策課によれば、正式な届け出は出されてないけど、計画自体は把握しているとの事。



鎌倉って、この手の施設いらないと思うんですが・・・・



ちなみに、施主は「湘南にも大和ハウス」のCMでもよく知られてる大和ハウス工業グループだとの事です。






posted by ツン at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。