【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


2013年10月07日

鎌倉幕府 史跡保存と開発




鎌倉幕府の政務をつかさどった「政所(まんどころ)」の跡地に認可保育所の建設計画。



当然その是非をめぐって賛否両論、喧々諤々。



ヤフーニュースから。



この跡地、国の指定史跡「鶴岡八幡宮」の隣接地で、反対派は「世界遺産登録再挑戦への障害」を訴え、、賛成派は「待機児童解消」を訴えてるって事らしい。



つまり「文化財」と「保育」とのはざまで、市と県がどういう判断をするかを迫られてるって事。



難しい問題ですが、ちょっと気になるのは、史跡の乱開発を防ぐために鎌倉市が定めてる「500平方メ

ートル以上の土地開発について、市への許可を求める手続きが必要」なのに対して保育所の建設予定地を

土地全体のうち496平方メートルにして届け出てるってこと。




しかも2年後は増築を匂わすコメントも・・・



これって客観的に見ると「開発許可逃れ」って言われても仕方ないんじゃないんかなあ。

 

ただ、この保育所が完成すれば市内の保育所待機児童27人の問題は一挙に解決されるだけに、待望論が多いのも事実。



でもですね、県が認可した保育所なので、整備費の4分の3に当たる約1億円は県と市が負担(当然税金ですね・・・)することになるってのもどうなのよ・・・・という問題、市民の皆さんは知ってるんでしょうかね。



ホント難しい問題ですが、結局認可した後にごたごたするこの手の問題。


市が中途半端にして先送りしてきたからって言うことも一因じゃないですかね。









posted by ツン at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉幕府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

鎌倉幕府と大倉幕府跡




不祥事などで何かとお騒がせな松尾鎌倉市長が、「大倉幕府跡」の調査を検討すると明言。




これって、世界文化遺産登録を目指してた「武家の古都・鎌倉」に対して、ユネスコの諮問機関イコモスから「武家が政権を樹立したことを証明する遺跡がない」と指摘されたことがきっかけなんでしょうね。




都市化が進んで、埋蔵文化財の調査が、どちらかというとおざなりになってきたことを理由に、イコモスからバッサリと斬られましたからねえ。



この大倉幕府跡は鶴岡八幡宮の東側で、4〜5ヘクタールの規模だったそうで、松尾市長は「世界遺産の構想がどのようなものになるかは別にして、大倉幕府跡はしっかり調査しておかなければならないものだった」とコメントしてます。



まあ、今更ながら幕府跡を含めたいわゆる埋蔵文化財の研究を進めるということですよね。



やっぱりちょっと遅きに失した感がぬぐえません。

 

世界遺産の推薦の取り下げも正式に決定されましたからね。



ちなみに、過去にいったん推薦を取り下げて再挑戦し、その後登録されたケースはないらしい。



いずれにしても、再挑戦のハードルは高いようです。



posted by ツン at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉幕府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

鎌倉幕府 最後の当主北条高時 本当に「うつけ」?



昔から決まり切った描写をされる歴史上の人物が幾人かいます。



NHK大河ドラマでも、たびたびそういった歴史上の人物が登場。



『うつけ』として描かれる人物もその仲間。



でも、彼らは本当に『うつけ』、愚かだったのでしょうか?

 

歴史上で「うつけ」と呼ばれる人物は何人かいますよね。



 1991年に放送されたNHKの大河ドラマ〈太平記〉に登場する、鎌倉幕府最後の当主北条高時は、「うつけ」「暗愚の宰相」としてよく知られてますよね。



この時高時を演じたのは片岡鶴太郎さん。



政治を顧みることなく、田楽や闘犬にうつつを抜かしたと言われている北条高時。


 
でも、北条高時は本当に「うつけ」だったのか?



『太平記』や『保暦間記』には、「すこぶる亡気(うつけ)にて」と描かれてるようですが、確固たる証拠はないとの事。



そもそも『太平記』は鎌倉幕府を倒した足利尊氏を主人公とする物語だから、敵役の北条高時をことさら悪く書いたとしても、全然おかしくないですよね。



結局は本当に「うつけ」だったかどうかは判らないってことですね。



確かに、今の大河観てても、西郷隆盛像や新撰組像は、幕府や会津藩からの視点で観られてるから、いわゆる周知の西郷隆盛像からは随分とかけ離れた、策士で冷徹なイメージで描かれてるもんなあ・・・



まあ、結局は観ている側からの感じ方で全然違う人物に描かれてしまうって事なんですかねえ・・・・

posted by ツン at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉幕府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。